用法や容量をしっかり守る

この記事をシェアする

薬の効果を最大限に引き出す

正しい方法で薬を服用することで、完治を早めることができます。
医師から言われたことを、守ってください。
薬は、服用するタイミングが決まっています。
食後や食前、就寝前など言われると思うので、よく聞いてください。
異なるタイミングで服用すると、効果を発揮できなくなってしまいます。

また、量も守らなければいけません。
たくさん薬を服用したからと言って、すぐにケガが完治するわけではありません。
むしろ身体に異常を起こしてしまうことが多いです。
少しでも通院回数が少なくなるように、正しく薬を服用して治療に取り組んでください。
服用を忘れないように、わかりやすいところに薬を置くのも良い方法です。
最初のうちは忘れ安いので、特に意識しましょう。

わからないことを聞こう

いくつか薬に関して、わからないことが出るかもしれません。
放置しないで、医師に聞いてください。
すると何のために飲む薬なのか、さらに詳しく説明してくれます。
薬の効果を知って、納得した形で薬を服用してください
ケガをした場合に何回も通院することは、仕方がないことだと思っている人が見られます。
しかし、早く完治するように努力できると忘れないでください。

治療を始めたばかりの頃は、医師から痛み止めを渡されることが多いです。
痛み止めは服用するタイミングが決まっておらず、痛みを感じた時に服用すします。
患部が痛くなったらガマンしないで、すぐ飲んでください。
ガマンすると、それがストレスになって治療の妨げになってしまいます。